腸内環境を改善する食事とは?【免疫向上で花粉症対策も!】

腸内環境が悪化すると便秘になったり、免疫が低下したりと健康を損なうことが多々あります。腸内環境を改善するためには食物繊維や乳酸菌の摂取できる食事にしたり、サプリメントを摂るなどの方法があります。

腸内環境を改善することは便秘解消はもちろん、アレルギー対策、免疫向上など健康にとても重要なポイントです。腸内環境を改善するには食事が一番の対策ですが、サプリメントやストレス解消、そして睡眠なども重要な役割となっています。

腸内環境とは?

腸内環境とは、その名の通り胃や腸をはじめとする消化器官の中で起きている作業の事をいいます。

Fotolia_76871171_XS-min

そもそも腸は“第二の脳”といわれるだけあって、その環境が正常であればきちんとした分別と消化・吸収を行ってくれるといわれています。

なので、日頃出るはずの便はそのバロメーターであるという意識を持つことが最も必要。

Fotolia_69108358_XS-min

昨日、あるいは今日出たはずの便をあなたはきちんと見ましたか?ただ「汚い」と流すのではなく、その色や形などをきちんとチェックしているでしょうか?

例えば、黒い、白いといった便はなんらかの病気やウィルスに侵されている場合があります。

このように、

  • 出が悪い
  • 細い
  • 太い
  • 緩い
  • 硬い
  • 痛い
  • 血が出る

といった異常はこの腸内環境の発しているSOSであるといえ、中には一刻も早い改善を必要とする場合がある事も少なくないといえるのです。

消化器科の先生にも「必ず便を確認すること!」といわれたこともあります。

腸内環境が悪くなる原因は?

腸内環境が悪くなる原因は、大きく分けて5つあるとされています。

悪玉菌の増加

便秘が重なると腸内の中にはゴミである悪玉菌が増加してしまいます。

Fotolia_78106261_XS-min

これにより腸内の悪玉と善玉のバランスに変化が生じ、自然と腸内はゴミ屋敷化してしまいますから、少ない善玉は正常な仕事が出来ない状況に陥ってしまうという悪循環となります。

食べ過ぎ

食事をすると腸は消化と吸収という仕事を行いますが、それも食べ過ぎてしまうと追いつく事ができなくなります。

Fotolia_58222308_XS-min

特に肉類に入っている動物性たんぱく質は消化に時間がかかりやすくなるといわれており、悪玉菌の増加を促す可能性が高いとされています。

ストレス

ストレスは身体への影響がとても強く、緊張するとお腹が痛くなるなんて方はその効果をもろに受けているといって過言ではないかと思います。

腸の老化

身体の老化は内外問わず訪れるものですから、これは半ば諦めもつくでしょう。しかしそれを放っておくのはいただけません。だからこそ、腸内に負担を与える食事などを控えるなどの休ませる期間を作る事が必要であるといえます。

薬の服用

特に抗生物質による影響は、善玉菌まで攻撃してしまうなど腸に負担を与えやすくなります。

Fotolia_61244120_XS-min

飲む際には整腸剤などと一緒に服用するだけでもだいぶ改善されます。

改善するには?

腸内環境を改善する方法。それは簡単な事です、免疫力を上げる事。

その為には、

  • 食物繊維や酵素をとる
  • ストレスを溜めない
  • 適度な運動

といったいわゆる健康体になる為の3ヶ条が欠かせません。

特にストレスを溜めない、適度な運動というのは連動しているので、適度な運動というのを上手に活用出来ればそれだけで効果があるといえます。

とはいえ、“適度”ってどのくらいよ?と思われるかもしれないですね。これは、急激に疲れるような運動ではなく、ウォーキングや水泳といった無理なく継続的に行えるものをいいます。

Fotolia_42971072_XS-min

その為、高血圧症など何らかの持病がある方は、異常がある際には休息日を作る事が必要です。あくまでも大事なのは継続する事なんですね。

食事は?

腸内環境を改善する食事は、食物繊維や酵素を含んだものを心掛ける事が大切です。

肉食系の方は腸内環境が乱れやすくなりますから、お肉を食べるにしても一緒に上記2つを食べるといいと思います。

例えば、きのこには酵素が沢山入っています。

Fotolia_91746037_XS-min

きのことお肉を炒めてもいいでしょうし、すき焼きのように他のお野菜と一緒に食べる方法もいいですよね。

また、今流行りのグリーンスムージーのようなものも美味しく食物繊維類を摂る事が出来ます。特に、リンゴとハチミツ、バナナとヨーグルトなどの組み合わせはとても飲みやすく効果も高いのでおすすめです。

Fotolia_86931471_XS-min

こういったものは何となくではなく、継続的に意識して摂る事が大事です。美味しく無理なく続けられるといいですね。

ヨーグルトは効果的?

腸内環境の改善に役立つといえば、乳酸菌を多く含むヨーグルトです。

Fotolia_55421414_XS-min

しかし、このヨーグルトも使い方を間違えてしまうと意味がないどころか大病を患ってしまう場合があるというのをご存知でしょうか?

ヨーグルトには、ご存知の通りビフィズス菌を始めとする善玉菌が多く含まれています。良い善玉菌の選び方は、CMなどでのキャッチコピーでもいわれている通り「生きて腸まで届く事」が大事です。そこで最近注目されているのが“プロバイオティクス”と呼ばれるもので、風邪等の予防にもなるといわれています。

夜のデザートとして食べると就寝中に腸が活発化し便秘解消に繋がります。

[ad#ad-1]

おならが臭いと?

おならは臭いもの、おなかは音が鳴るもの…それは大きな勘違いだったというのをご存知でしょうか?

Fotolia_82666340_XS-min

そう、通常時からあったと思われていたこれらの現象は腸内からのSOSであり、大きな病気を起こす前の予兆であったかもしれないのです。

おならのそもそもの成分は、吸い込んだ空気と腸内に発生するガスです。

正常であればその匂いは約90%無臭だといわれていますが、便秘などにより腸内が乱されてしまうと腐乱臭が腸内に満ちてしまいます。これが臭いおならの原因となり、おなかの中でガスが発酵していく過程で鳴る音が外にまで聞こえるポコポコという音だといわれています。

おならの臭いを消してくれる下着やガスを止めてくれる薬などが多く発売されていますが、まずは内科や消化器内科・外科の医師に相談してみる方が腸の為には賢明かもしれません。

花粉症対策にもなる?

皆さんご存知の通り、花粉症はアレルギーの一種です。

なぜ免疫力があるのにアレルギーを起こしてしまうのかというと、その免疫が異常反応によってアレルギー症状を起こしてしまうのだといわれています。

鼻炎

腸内環境を改善することによって花粉症が改善されたという方は多くいます。

Fotolia_38603583_XS-min

そもそも腸の中には、免疫を構成する為の善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる腸内細菌が2:1:7の割合で存在しています。しかし、便秘が続く事で善玉菌は減少、ストレスなどで悪玉菌は活性化してしまい、日和見菌も悪玉菌に変化しやすい事からそのバランスは崩れやすいのだとか。

花粉症を改善したい方はまず自身の腸内環境を改善、免疫力の向上を図る事が大事であるといえるでしょう。

アレルギーの軽減になる?

腸には約7割の免疫力が集中しているといわれており、その異常反応によって

  • 花粉症
  • アトピー性皮膚炎
  • 喘息
  • 鼻炎

といったアレルギー反応を起こすとされています。

特に腸内に約2割あるとされる善玉菌は、病原菌の排除と有害物質の分解・排泄を手助けをするほか、ミネラルの吸収やビタミンなどを作るといった仕事を行うのですが、それもその数が保たれていればの話。腸内環境が悪化すればその数が減少し、悪玉菌が増加してしまい正常な働きがされなくなってしまうのです。

生まれつきでないにしろ、その免疫力は食事習慣や加齢などにより大きく変わってしまうものではあります。

だからこそ、規則正しい生活を送ってその向上を図っていかなくてはならないといえるでしょう。

サプリでは?

腸内環境を改善させるには、規則正しい食事と適度な運動が適切ですが、どうしても生活環境などからそれを全て実行するのは難しいですね。

そこでありがたいのがサプリメントです。

Fotolia_52143441_XS-min

その中でも、特に腸内環境改善に最適だといわれているのは以下の5つとされています。

  • 食物繊維…腸内細菌の餌となり、腸内を侵す悪玉菌や有害物質の排出を促します。特徴として栄養がゼロなので、カロリーもゼロという事でダイエット中には特にありがたい存在です。
  • ビフィズス菌…乳酸菌とはまた違い、生きたまま腸に届きます。弱酸性で腸内を整え、体内への病原菌の侵入を防ぎます。
  • 乳酸菌…生きている間は腸内に酸性を運び、死んだ後は善玉菌の餌となって増殖を促してくれます。
  • オリゴ糖…ビフィズス菌、乳酸菌の餌となり、その増殖を促してくれます。
  • キャンドルブッシュ…沢山の食物繊維を含んだアジア発祥の民間薬。自然な強さの排便を促してくれるので、普通の便秘薬は苦手だという人におすすめです。

サプリをお探しなら参考にしていただければと思います。

腸は人体の最大の免疫器官

“第二の脳”、“人体最大の免疫機関”と呼ばれている腸には体内の約7割の免疫体が揃っており、その活動する力は腸内細菌の数によって大きく左右されるといわれています。

特に腸内環境を語る上で大きなデメリットである便秘は腸内細菌の数を減らしてしまいますから、その改善こそが腸内環境の改善と免疫力向上の礎になるといえるでしょう。

Fotolia_31945166_XS-min

免疫を上げておくといいとされる理由は、アレルギーや病原菌、がんや循環器系・生活習慣病抗体としての役割が主となります。

その証拠に、ダイエットを始めた途端風邪を引くといった方は、朝食や炭水化物を抜くといった偏食が免疫力の低下を招いているとされています。逆をいえば、免疫力を上げれば太りにくい身体を作る事ができます。そういった意味で免疫力は身体にとってとても重要なものである事が分かるのではないでしょうか?

腸内環境を改善する食事とは?【免疫向上で花粉症対策も!】のまとめ

腸内の環境は食事、ストレス、その他の生活習慣によってすぐにバランスを崩してしまうものです。食物繊維や乳酸菌などを毎日少しずつ摂取するのが理想です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 腰痛になってしまう原因とその治し方にはどのような方法があるのでしょうか?腰痛は予防が大事ですが、スト…
  2. 胃もたれになってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?食事内容や早食い、食べ過ぎなどを改善…
  3. 尿路結石になった方の体験談でとにかく痛い症状で、考えられる原因にはほうれん草が多い食事と水分不足だっ…
  4. 血管の若返らせる方法には食事内容と運動が重要ですが、自分の血管年齢を知るためにはどのような方法がある…
  5. 貧血が原因で立ちくらみやめまいなどの症状が多いですが、その他の症状もいくつもありますので、ただの貧血…
ページ上部へ戻る