血圧が高くなる原因とリスクは?【食事やサプリで対策!】

血圧が高くなると様々な健康リスクを抱えてしまうことになりますので、血圧が高くならないように食事ででの塩分やサプリなどで対策していきましょう。定期的な運動や毎日飲むお茶を変えるだけでも血圧対策になることもあります。

血圧が高くなる原因には遺伝もありますが、食事や肥満、動脈硬化、そして加齢など様々な原因が考えられますが、血圧が高いと様々な健康リスクがありますので、高い場合にはしっかりと対策していくことが大切です。気づいた時には血圧が高くなっていたということが無いように、家庭用の血圧計で毎日測定すると効果的な管理ができます。

血圧が高くなる原因は?

血圧が高くなる最も大きな原因は、遺伝体質の有無です。

両親ともに血圧が高い場合、仮に5人の子供が居れば、うち3人が血圧が高くなります。

あるいは、一方の親が高い場合、3人のうち1人が高くなります。親が仮に40歳代で血圧が高くなれば、子供もその年代前後で高くなります。

それほど、遺伝体質は血圧に深く関係しているのです。

Fotolia_69966630_XS-min

また、身体が外気に触れると、身体の表面の血管が収縮して体温発散を防ぎますが、これにより、血管の抵抗性が強くなり、血圧が上昇します。

ストレスが加わると分泌される、アドレナリンやノルアドレナリンも、末端血管を収縮させたり、心臓の心拍数増やして血圧を上げてしまいます。

Fotolia_33460188_XS-min

また、

  • 喫煙
  • 塩分の摂り過ぎ
  • 加齢
  • 肥満

なども血圧を高める原因として、その背景にあるとされています。

血圧が高くなるとどんなリスクがある?

血圧が高くなると、その過程や期間、進み具合によっては、臓器の血管に重度のリスクを及ぼします。

脳に及ぼすリスク

脳の血管に障害が起こると、

  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 手足の痺れ

などが、1年以上続く場合があります。

Fotolia_6761569_XS-min

リスクが軽いと本人は気づかずに見過ごすケースもあります。

腎臓に及ぼすリスク

長期間の高血圧により、腎臓の細動脈の血管が硬くなり血流量が減ると腎臓機能が弱まります。

Fotolia_85850335_XS-min

萎縮腎から腎不全へ進行し、更に尿毒症へと進みます。

心臓に及ぼすリスク

高血圧によって心臓は無理を重ねる為、

  • 不正脈
  • 心肥大
  • 心不全

を伴う事もあります。

Fotolia_13006023_XS-min

環状動脈に動脈硬化が発生すると、狭心症から心筋梗塞へと進行し、生命が危険になる場合もあります。

眼底へのリスク

Fotolia_47816878_XS-min

眼底の動脈が細くなりますが、リスクが強まると眼底の動脈が破れてしまい、眼底出血を起こします。

気をつけることは?

一般的には、薄味にして塩分を控えたり、コレステロールや中性脂肪に気をつけて、バランスの良い食事をする事が大切だと言われています。

Fotolia_50767979_XS-min

その他では、外気の冷たい空気の影響を受けて、心臓が余分な力を出さない様にする為にも、外出時などでは身体を保温する事に務めます。仕事やスポーツでの疲労、寝不足などの時は、血圧が高くなりやすいので、十分に休暇や睡眠をとる事が大切です。

週末は仕事を忘れて家族と過ごしたり、趣味などで気分転換するのも良いです。

Fotolia_33807676_XS-min

また、血圧が高い人が、時間に追われると血圧が上昇しますので、時間に余裕を持って行動します。

Fotolia_56008623_XS-min

トイレで排泄する際も、必要以上にいきまない様に気をつけます。

いきむ事により、血圧が急上昇してトイレ内で脳卒中になる事もあります。私の知り合いでトイレで倒れてしまった方がいました。

Fotolia_32654106_XS-min

性行為でも、男性は射精の直後は血圧が高くなるので、性生活が過度にならない様に気をつけしょう。

効果的な運動は?

血圧が高い人にお勧めな運動は、のんびり歩きが良いです。

Fotolia_42971072_XS-min

いわゆるウォーキングですが、このウォーキングで大切なのは「ゆっくり」です。ゆっくりとウォーキングする事で、全身に分布している末梢の血管が広がって、交感神経の興奮も治まって血圧が下がっていくのです。この様に血圧を下げる効果を引き出すには、30分以上の時間をかけてウォーキングをする事です。

運動量が短時間ですと、血圧が下がりにくくなります。

ウォーキングの前や終わった後にも、ゆっくり時間をかけてストレッチを行い、筋肉や腱を伸ばしてあげると、より効果が現れます。一気にパワーを使う筋トレなどは、血圧を上昇させる事があるので、それらの運動は避けた方が良いでしょう。

Fotolia_25702350_XS-min
脂肪の燃焼も促進され、血液中の脂肪も減るので、ゆっくりウォーキングは血圧を下げるに大変効果のある運動です。

飲み物は?

牛乳に含まれるペプチドには、血管を広げる作用があります。

Fotolia_63982649_XS-min

カルシウム不足から高血圧になる事もあるので、これらを含んだ牛乳は血圧を下げる飲み物に適しています。しかし、飲み過ぎるとコレステロールが増すので、適量の200mgが良いとされています。

コーヒーやココアに含まれる有名なカフェインやポリフェノール、黒酢のアミノ酸も血圧を下げるのに有効な飲み物として挙げらます。

Fotolia_41209654_XS-min

また、グループフルーツやオレンジ系のジュース、青汁やワインなどはカリウムが豊富であり、このカリウムは過剰な塩分を尿に変えて排出してくれますし、また漢方では、大柴胡湯 八味丸 釣藤散などが、高血圧体質の予防と改善に貢献してくれます。
これらが代表的な飲み物になりますので、血圧を下げる為に積極的に摂ってみましょう。

食事は塩分に注意

血圧が高くなると、血栓を引き起こす事もあり、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなります。これらを防ぐ為にも、食事はとても重要です。

Fotolia_86976517_XS-min

アブラナ科野菜には、

  • ケール
  • 小松菜
  • キャベツ
  • 大根

などがありますが、これらに含まれるメラトニンや、オクラのペクチンなどは、コレステロールを制御したり、ストレスによる免疫低下を防いでくれるので、先に述べた病気の予防にも効果があります。

Fotolia_60746807_XS-min

もちろん、アブラナ科野菜だけなく、他の緑黄色野菜にも優れた健康野菜が沢山あります。これらを上手く組み合わせる食事によって、血圧を下げる事が可能になります。

また、1日の総カロリーを考慮して、ごま油や菜種油などの植物性脂肪、穀物や野菜などの植物性タンパク質を多く摂る食事を心がけると良いです。更に、血圧が高い人は1日の食塩量をできる限り減らす食事が理想です。

Fotolia_74277505_XS-min

バランスの良い食事をするだけで、必ず血圧は下がるものなのです。

おすすめのお茶は?

お茶にも沢山の種類があり、

  • 杜仲茶
  • どくだみ茶
  • そば茶
  • 烏龍茶

など、それぞれが血圧を下降させてくれると言われています。

Fotolia_56080753_XS-min

これらのお茶に共通する物にカテキンがあります。このカテキンの含有量が最も多いのが緑茶であり、更にテアニンと呼ばれる成分も含まれています。

カテキンはコレステロールの制御や血圧の上下降を抑制し、テアニンはリラックスさせる効果があり、興奮を静めてくれたり、血圧の上昇を抑えて、血圧を下げてくれます。

また、お茶を飲む際に、牛乳も一緒に飲むと、カテキンの吸収を緩やかにすると言われており、血圧を下げる効果が長時間続きます。この様な事からも、お茶は血圧を下げるのをサポートしてくれますので、食事のお供にお茶を飲んだりして、日常生活に上手く取り入れてみる事も大切です。

サプリメントを摂取するならどれ?

血圧を下げるのに良いサプリメントは、以下の成分を含むものが良いでしょう。

ペプチドとカリウム

これらは、血圧の上昇抑制や塩分の排出を助けてくれます。

マグネシウムとカルシウム

これらが不足すると、血管を収縮させ血圧が高くなるので、摂取しておきたい成分です。

DHAとEPA

青魚に含まれるお馴染みの成分は、血液をキレイにしますので、高血圧による病気を予防してくれます。霊芝も同様の効果があります。

紅麹と桑の葉

血圧はもちろん、コレステロールや中性脂肪を下げる働きをします。

基本的には血液をキレイにする成分があるサプリメントを選ぶと良いです。

Fotolia_52143441_XS-min

即効性はありませんが、薬ではないので手軽に摂取できる利点があるので、食事でなかなか補えない栄養を、サプリメントに助けてもらう事で、血圧を下げる強い味方になってくれます。

お酢が効果的?

酢には、アデノシンと呼ばれる成分があり、これは酢酸が細胞内に入ると、アデノシンが分泌される仕組みになっています。

Fotolia_44323477_XS-min

アデノシンは、血管を広げる作用があり、広がる事で血流が良くなって、血圧を下げるのに貢献してくれるの成分なのです。更に、酢はコレステロールを抑制してくれますが、体内で作られたコレステロールの生成も抑制してくれます。

Fotolia_72859844_XS-min

しかし、酢は取り過ぎると胃の調子を悪くすると言われていますので、そんな時は、酢を薄めて摂ると良いです。

また黒酢は、アンジオテンシン交感酵素と呼ばれる物質を有しており、この物質が血圧を下げるのをサポートしてくれます。

Fotolia_41405819_XS-min

黒酢のクエン酸やアルギニンは、脂肪燃焼や血管収縮させる効果もあるので、それぞれが血液をサラサラな状態にして、血圧を下げる働きをしましす。

  • 米酢
  • 香酢
  • りんご酢
  • もろみ酢

など、色々な酢がありますが、血圧を下げだけでなく、肥満や糖尿病、下痢や便秘にも良いので、酢を摂る事を習慣をにしてみましょう。

トマトのリコピンが良い!

トマトは、カロチンやビタミンCやEが豊富で、完熟したトマトにはビタミンがたっぷりです。

Fotolia_71021104_XS-min

そんなトマトの赤い色素に含まれるリコピンには、強い抗酸化力があり、これにビタミンCが協力しあって、高血圧を始めとする生活習慣病に立ち向かってくれます。リコピンはコレステロールを抑え、血栓が起こるのを防ぐと言われており、更に酸味のもとであるクエン酸やリンゴ酸が、疲労などの原因となる乳酸を除去してくれますので、まさに一石二鳥です。

また、カリウムも豊富である為、血圧を下げるのにトマトは大活躍してくれる緑黄色野菜です。

Fotolia_66253365_XS-min

トマトジュースも、肝臓や胃腸のバランスを整えて、食物繊維が腸内でコレステロールと一緒になって排泄してくれるので、血圧を下げるのに有効な飲み物です。トマトを使った料理も多くあるので、血圧を下げる為に、トマトの持つ効能をしっかり身体に取り入れてみましょう。

血圧が高くなる原因とリスクは?【食事やサプリで対策!】のまとめ

高血圧になると病気リスクがグッと高くなってしまいますので、日ごろから血圧のコントロールは十分にされることをおすすめいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 腰痛になってしまう原因とその治し方にはどのような方法があるのでしょうか?腰痛は予防が大事ですが、スト…
  2. 胃もたれになってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?食事内容や早食い、食べ過ぎなどを改善…
  3. 尿路結石になった方の体験談でとにかく痛い症状で、考えられる原因にはほうれん草が多い食事と水分不足だっ…
  4. 血管の若返らせる方法には食事内容と運動が重要ですが、自分の血管年齢を知るためにはどのような方法がある…
  5. 貧血が原因で立ちくらみやめまいなどの症状が多いですが、その他の症状もいくつもありますので、ただの貧血…
ページ上部へ戻る