偏頭痛の原因と対処法は?【漢方やコーヒーがおすすめ!】

偏頭痛の原因にはストレスや肩こりなどがあり、慢性的な偏頭痛で悩んでいる方も多いのですが、痛みが出たときの対処法や根本からの治し方などはあるのでしょうか。

偏頭痛の治し方にはコーヒーを飲んだり、食べ物に気をつけたりしますが、偏頭痛の原因がストレスである場合には対処法が異なりますので、冷やしたりせずに、ストレス解消などを心がける必要があります。漢方の力を借りるのもおすすめです。

偏頭痛とは?

偏頭痛とは急激に頭の中の血管が拡張する事で痛みが起きる頭痛です。

Fotolia_84829400_XS-min

一般的には頭のどちらか片方のこめかみに起きる頭痛と思われるのが偏頭痛ですが、実際はこめかみだけに起こるというものではなく偏頭痛が起きる原因も様々なものとされています。

主に女性に多く、偏頭痛に悩まされている人は少なくありません。

Fotolia_45716242_XS-min

偏頭痛の仕組みでも一般的に広がっているものとしては、上記にも書いた急激に頭の中の血管が拡張する事で血管に炎症が起きて痛みを発生させるものというイメージが強いですが、もう一つ三叉神経と呼ばれる顔面の知覚等を司っている神経が何らかの刺激を受けた事によって、血管を拡張させてしまう物質を出してしまい結果的に血管を拡張させてしまう事で炎症が起きて偏頭痛に繋がるという仕組みもあります。

偏頭痛の原因は?

偏頭痛の原因は頭の血管が拡張される事で炎症が起きてしまう事にありますが、そもそも血管が拡張されてしまう原因としては本当に様々なものがあります。

Fotolia_69871819_XS-min

例えば季節的なもの。

曇りの日は偏頭痛がするという方も少なくないように、花粉や温度の変化でも偏頭痛は起こりやすいとされています。

Fotolia_37114580_XS-min

近年では大気汚染も関係しているのではないかと詳しく研究が進められている段階となっています。

また現代社会でも注意がされているストレスや、特定の飲食が原因となって偏頭痛を引き起こす事もあります。ストレスが原因の場合、主にパソコン等を使った仕事を長時間する方に多く見られます。

Fotolia_63471534_XS-min

理由としてはストレスで神経が刺激を受けてしまい、血管を拡張させる炎症物質を過剰に出してしまう事や、ストレスから解放された際に偏頭痛が起きる場合もあります。

その他、主な原因として多いのは睡眠が影響するもの(寝不足、寝過ぎ)や目や耳から入る刺激(光や音)、女性の場合はホルモンの影響も偏頭痛の原因となります。

偏頭痛の対処は?

突然起きてしまう偏頭痛、そんな偏頭痛の対処法はどのようなものがあるのか。

Fotolia_63929444_XS-min

一番簡単なのは薬を飲む事が挙げられます。

Fotolia_61244120_XS-min

しかし、頻繁に偏頭痛が起きる方ですとあまり薬に頼りたくない、薬がクセになったら嫌だ、等の抵抗がある方も多いかと思います。なので実際は本当に酷くなった時や酷くなりそうだと思った時だけ薬に頼るようにしましょう。

Fotolia_61836345_XS-min

では薬に頼らない対処法はあるのかと言うと薬に比べると即効性はありませんがいくつか対処法はありますので紹介していきます。

まず刺激をさけるために光や音のあまりない静かな場所で安静にしましょう。横になるのもただ座って目を少し瞑って休ませるのも効果的です。

Fotolia_53278680_XS-min

また痛みの部分がはっきりわかる場合は軽く冷やしてみて下さい。あまり冷たすぎると返って逆効果になってしまいますた、基本的に偏頭痛は血管の炎症なので冷やす事は効果的と言われています。

食べ物等偏頭痛の原因がわかっているようでしたらそれを避けるというのも一つの対処法になります。

コーヒーで緩和されるって本当?

偏頭痛とコーヒーはよくセットで語られる事が多いです。

Fotolia_41209654_XS-min

その理由としては、コーヒーが偏頭痛を抑えるのに効果があるという事が研究でわかっているからです。もちろん飲み過ぎたら逆に偏頭痛を引き起こしてしまう可能性もありますので摂取は程々にしましょう。

では、何故コーヒーが偏頭痛に効果があるのかと言うと、コーヒーと言うよりはコーヒーに含まれるカフェインが偏頭痛に効果がある成分と言われているからです。カフェインには血管を収縮させる効果があり、血管が拡張してしまう事で起きる偏頭痛にとってはまさに薬のように作用してくれる物質なのです。

なのでカフェインと言えばコーヒーというイメージが強い事もあり、よく偏頭痛とコーヒーが話題になる事が多いのです。コーヒーを飲むタイミングとしては偏頭痛が起きてから飲むのが一番効果的と言われています。

もちろんコーヒーが苦手という方も多いですよね。

Fotolia_77914532_XS-min

そういった場合は、カフェインを含む飲み物でした効果がありますので自分の飲めるものを飲むようにしましょう。

カフェインの入った飲み物ですと、紅茶やココア、緑茶等があります。

Fotolia_14555471_XS-min

意外な事に紅茶はコーヒーよりもカフェインを多く含んでいますので特にオススメになります。

吐き気を感じることも

偏頭痛は酷くなると時には吐き気を感じます。

Fotolia_47711028_XS-min

普通の頭痛ですと吐き気はあまり感じない事が多いので、ある種偏頭痛の証拠とも言える症状の一つになります。本当に酷い状態になると動くのが辛いという場合もあります。

しかし、実は偏頭痛によって吐き気が起きる理由は未だはっきりとは解明されていません。

予想の段階としては偏頭痛が起きる際に拡張して炎症を起こしてしまった血管が、頭部という様々な神経の集まる場所に影響を与えてしまい、痛み等に過敏になってしまった結果吐き気として症状が表れてしまったという説がありますが、あくまでも研究段階の予想なのでこれが絶対の理由とはなりません。

いざ吐き気が出てしまった場合、薬をなかなか受け付けない事があると思います。そういった重い症状の場合は頭痛を専門に扱う病院等に診てもらうのが一番対処への近道となります。

なかなか頭痛を止めるというのも難しいですので、横になるなどなるべく安静にするようにしましょう。

[ad#ad-1]

肩こりが酷くなると起きる?

偏頭痛が起きる人の中には偏頭痛になる前に予兆があるという人も多くいらっしゃいます。

その予兆の中によく含まれるのが肩こりになります。

Fotolia_49563143_XS-min

それもあってか偏頭痛と肩こりはよくセットの症状として扱われる事があります。

なぜ予兆に肩こりがあるのか、それは偏頭痛の原因にも関係しているという三叉神経にあります。実はこの神経は頭の中だけではなく、首や肩にまで繋がっているのでストレス等のなんらかの影響を受けた際に頭の中の血管のみならず首や方の方にまで影響を与えてしまうことがあります。

なのでもし最近肩がこるという方は偏頭痛が始まる可能性もありますので、温かいお風呂に入ったりマッサージをしてもらうなどをして肩こりを解消するように心がけましょう。

後頭部が痛くなる原因は?

偏頭痛はこめかみの片方が痛くなるというイメージが非常に強いものですが、実は頭の前の方や後頭部が痛くなる事もあります。

Fotolia_70798033_XS-min

では偏頭痛で後頭部が痛くなる原因はなんでしょう。

それは偏頭痛の原因に関わる三叉神経の「痛い」と感じさせる信号がこめかみの辺りではなく後頭部の方にいってしまう事が原因となります。対処法としてはこめかみの偏頭痛と同じで痛い場所を冷やしたりカフェインを摂ったりする事で和らいできます。

しかし頭痛は自己判断で偏頭痛だから大丈夫と判断出来るものではありません。もしかしたら他の病気の予兆や頭の中の血管に異常や腫瘍がある可能性も0ではありません。

もし少しでも気になったようでしたら一度頭痛を専門とした病院等で診てもらうようにしましょう。

漢方で対処する?

偏頭痛には頭痛薬はもちろんですが、漢方も効果があります。

Fotolia_84425771_XS-min

漢方は薬とは違い偏頭痛はこれといったような特定のものはありません。

しかしそれで問題はないのです。

むしろ偏頭痛は人によって症状や原因が多種多様です。吐き気を伴う方もいらっしゃれば、肩こりの症状が頭痛の次に辛いという方もいらっしゃいます。

一応、漢方は副作用は殆どないと言われていますが、自分で判断して服用してしまうと何らかの副作用や他の薬の効果を打ち消してしまう、飲み合わせが悪く別の体調不良を訴えてしまうケースもあります。漢方を試してみたいという方はしっかり専門の方の処方を受けましょう。

Fotolia_22948897_XS-min

専門の方は体質や生活習慣等様々なものを考慮してそれに合った漢方を処方してくれます。漢方の最大のメリットはしっかり自分の体に合った組み合わせで処方してもらえると市販の頭痛薬よりも効果の高い結果を与えてくれます。

ある意味自分だけの偏頭痛薬となりますので高い効果を求める場合や市販薬が思ったように効かない方は一度相談してみると良いでしょう。

食べ物が原因になることも?

偏頭痛の原因の中にはストレスや光や音などの外部からの影響以外にも食べ物が原因となっている可能性が研究の結果出てきています。

主にチラミンという物質が含まれたものはあまり多く摂取しない方が良いとされています。

チラミンには血管を収縮させる物質になります。

Fotolia_68294236_XS-min

収縮するのならカフェインのようにむしろ摂取した方が良いのではと思われますが、実は厄介な事に血管が通常の状態の時に一時的に収縮させてしまうと、体はその収縮した血管を元に戻そうとして逆に拡張しすぎてしまう事があります。その結果偏頭痛の原因となってしまう事があるとされています。

食べるなというわけではありませんが、偏頭痛になりやすい方や最近頭痛が多いと感じる方は極力摂取するのを控えるようにしましょう。

Fotolia_78727270_XS-min

また高血圧に繋がるものも血管には良くありませんので、塩分の摂り過ぎにも気をつけましょう。

Fotolia_69966630_XS-min

逆に偏頭痛に良いとされる食べ物には大豆やアーモンド等の豆類、うなぎや舞茸、肉や魚等のタンパク質が含まれるものは良い効果を期待出来ますので食事に取り入れてみましょう。

冷やすのは効果的?

偏頭痛の対処法に痛い部分を冷やすとありますが、実際、偏頭痛を冷やすにはどうしたら良いのか戸惑ってしまう方も多くいらっしゃいます。

頭から水を被るような無茶をしなければ大丈夫なので冷やしたタオルやおしぼりを痛い部分に当てるようにしましょう。

Fotolia_80173213_XS-min

しかし偏頭痛と似た緊張性の頭痛には冷やすのは悪化する原因となりますので、もし自分で見分けがつかずとりあえず一時的に頭痛を対処したいと思った場合は、一度冷やしてみて痛みが治まらない際に時間を置いてから温めてみるようにしましょう。

基本的に緊張性の頭痛の場合はストレス等の精神的なものからくる事が多いので、原因で思い当たる方はなるべく冷やす方法は止めて安静にするという方法を摂るようにしましょう。

口コミでの治し方は?

実際偏頭痛で悩むみんなはどのように治しているのか、いくつか口コミを見てみました。

まず一番多いのはやはり偏頭痛がしたらコーヒーを飲む方法。

Fotolia_90348284_XS-min

これは専門家の方もオススメしているくらいなので実践して効果があった方もとても多いようです。

次に市販の有名な頭痛薬を偏頭痛が起きそうだなと思った段階で飲む方法。

これは何か前兆がある方や、ズキっとした段階で服用出来ればかなり効果的なものです。なのでいざという時のためにも痛み止めは何錠か持っておくと良いでしょう。

後は病院で処方される点鼻薬を愛用されている方も多いです。

しかしこちらは病院での処方が必要となるものですので、すぐに実践出来る対処法としてはオススメ出来ませんので、前もって診察を受けておくと良いでしょう。

偏頭痛の原因と対処法は?【漢方やコーヒーがおすすめ!】のまとめ

偏頭痛は慢性的に起きることが多いのですぐに対処できる方法を知っておくと良いでしょう。また偏頭痛が起きる原因を減らすことも予防につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 腰痛になってしまう原因とその治し方にはどのような方法があるのでしょうか?腰痛は予防が大事ですが、スト…
  2. 胃もたれになってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?食事内容や早食い、食べ過ぎなどを改善…
  3. 尿路結石になった方の体験談でとにかく痛い症状で、考えられる原因にはほうれん草が多い食事と水分不足だっ…
  4. 血管の若返らせる方法には食事内容と運動が重要ですが、自分の血管年齢を知るためにはどのような方法がある…
  5. 貧血が原因で立ちくらみやめまいなどの症状が多いですが、その他の症状もいくつもありますので、ただの貧血…
ページ上部へ戻る